すきなもの雑記

話したいことを話したいだけ

ミュージアム系

関西二寺めぐり 兵庫大阪さんぽ

前回の記事は大阪松竹座の感想でした 今回は前後で巡った道をば 朝8時半に神戸空港着。宝塚が休演なので何をしようかと考えながら到着ロビーを出る。 と、圓教寺の杉本博司インスタレーションのチラシがモノレール乗り場に。 今回みたいなチャンスがなければ…

佇む鷺の美しさ…水墨美術館と富山さんぽ

富山遠征ついでに観光もしてきました 中心部は派手な観光地がないためゆっくり散歩できて楽しかったですね、グーグルマップ開いて地図見ながら土地の様子とか海岸線とかを想像するのが楽しかったです 観光ルートとしては環水公園と富山県美術館散策が王道な…

そこに…愛はあるんか?目黒さんぽ

ホテル雅叙園東京の百段階段の展示が気になったのでチケットを予約。目黒なのでついでに東京都庭園美術館も行こう、ぐるっとパスあるし。というわけで目黒さんぽに行ってまいりました 前回の目黒さんぽ 東京都庭園美術館は「建物公開2022 アール・デコの貴重…

ミスマッチを楽しむ SHIBUYAで仏教美術@松濤美術館

松濤美術館、ジュエリーや西洋骨董品の展覧会の多い美術館という認識でしたが上のポスターのキャッチーさにつられて行ってきました 奈良博の収蔵品はこんなもんじゃないとは思いますが、なかなか癖の強い作品が来ていて小ぶりながら楽しかったです 仏教絵画…

片羽根のような光背 空也上人と六波羅蜜寺@東京国立博物館

17時半の拝観に予約をしたんですが、常設展は17時閉館とのこと。本館なので夜間開館だと思ってうっかりしてました。本館展示は常設展とセットだからこその値段、ちょっとずるいなと思いました笑 しかしながら閉館前の回をあえて取ったので、粘れば人の流れが…

オタク、頼光四天王の女になるつもりが…?THE HEROES展@森アーツセンターギャラリー

ぶらぶら美術博物館で紹介されていた際には土蜘と頼光四天王あたりがフューチャーされている展示のかなと思っていたんですが、どっこい歌舞伎のオタクにはそこはかとなく刺さる展示ばかりでした THE HEROES展は正確にはボストン美術館の日本関連の収蔵品の展…

新たなる出会い篇 体感!日本の伝統芸能@東京国立博物館

2020年に開催予定だった同展が先日開幕したので見てきました 特別展で1500円 歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の5つをブロックに分けて紹介しています 歌舞伎エリアでは、楼門五三桐の装置再現 黒御簾の中に入ったりもできます 日本初の映像の重文、1899年の…

聖徳太子 日出ずる処の天子@サントリー美術館

聖徳太子の1400年御聖忌(天子の命日を意味するらしい)ということで、サントリー美術館の「聖徳太子 日出づる処の天子」展に行ってきました いつも展示の質実さかつ見やすさで満足度の高いサントリー美術館ですが、今回も内心(地味かなあ…)と思っていたのに、…

上野の地で思わぬ収穫 最澄と天台宗のすべて@東京国立博物館

猿之助さんがオーディオガイド(だろうな、展覧会のCM出てたし)ということで天台宗展を見てきました 延暦寺がフューチャーされるのかなと思いきや、各地のいろんなお寺にまつわる収蔵品が紹介されていました 一応メインっぽかったのは延暦寺根本中堂の再現で…

大江戸の華@江戸東京博物館

このブログでも何度か触れている「春興鏡獅子」 持道具として獅子頭を両手にはめて踊ります このポスターに載っているきゃわいい獅子、もしかして手持ち獅子頭では…?と興味を持ち江戸東京博物館まで行ってきました 興味深かったのは第二章の鹿嶋屋東店(かじ…

今年の夏の催しは?聖徳太子と法隆寺 他@東京国立博物館

トーハク、2021年夏の催しに行ってきました。 トーハク昨年の夏休み企画についてはここでちょろっと言及してます 昨年もお子さん向けの展示かというとそういうわけではありませんでしたが、コロナ禍において入場をためらうくらいには盛況でした。 その後、ト…

北斎づくし@六本木ミッドタウンホール

世はオリンピック一色ですね 開会式には海老蔵さんがご出演。 歌舞伎座で撮影した経緯を考えると興行のためではなく、その撮影のために歌舞伎座を抑えたような気がしちゃってなんだか切ない。 とはいえMIKIKO案では伝統芸能のでの字も出なそうだし、どちらに…

ミネアポリス美術館展@サントリー美術館

ミネアポリス美術館所蔵品の中でも日本絵画に特化した展示です 最近気になっているのは狩野山雪 襖絵や屏風のモチーフがやさしい 今回展示の群仙図襖をなんとなく眺めていたら右下に何か…いる あれ…何…?(蛙らしいです、険しい顔した蛙むちゃくちゃかわいい…

小村雪岱スタイル@三井記念美術館

平日昼間、完全予約制にもかかわらず めちゃくちゃ盛況でした BS日テレのぶらぶら美術館で放送したから? 小村雪岱の略歴を見ていると近代日本画の黄金期と重なってるんですよね 空間で空気感を表現した画壇と似通った部分もあるけどそこまで高尚ではない 錦…

没後70年 吉田博展@東京都美術館

動画がすごくキレイ 主に江戸時代に制作された版画を浮世絵、明治以降に制作された版画を新版画と言います。 吉田博は1880年代の生まれ。 初めは画家として活動するが中年期に版画の絵師として作品を残すようになる。 もともと海外志向で、世界中をスケッチ…

河鍋暁斎の底力

東京ステーションギャラリー「河鍋暁斎の底力」閉幕直前に行ってきました 平日だったので当日券は受付で買えました でも結構人がいたと思う 河鍋暁斎は江戸〜幕末を経て明治時代を生きた画家。 画題は骸骨や死体からカラス、神仏や自然物、さらには現代のイ…

桃山 天下人の100年@東京国立博物館

今回料金設定を上げたことにより功罪がはっきり出てると思いました 私にとってはトーハク特別展において異例の満足感だったので功の部分から述べていきます 値段が高いことにより、入場者へのハードルは上がりました。そのため前回のキモノ展(夏休み期間中の…

ぐるっとパスで国立西洋美術館

ロンドンナショナルギャラリー展をスルーしての常設展。 人はそんなにいなかったけど、特別展の混雑の痕跡は見受けられた。 さて西美の成り立ちについて。 基盤になっているのは川崎造船所の経営をしていた松方幸次郎氏所有のコレクション。 しかし第二次世…

ピーター・ドイグ展@国立近代美術館

国立近代美術館のピーター・ドイグ展へ行ってきました 上原美術館にチラシがあったのがきっかけ。 あまり西洋絵画のことはしらにゃい(会場もいつも混んでいるし)。 ポスターになっているこの作品、本当は比較的横長のサイズで、けっこう大きくて、本物を見て…

上原コレクション名品選3@上原美術館

静岡は下田の上原美術館へ。 前日は伊東に宿泊(別記事予定)。最初は陸路で修善寺行きを考えていたけど、下田へ下ることはそうそうないだろうと思い下田ルートに。 以下忘備録。 伊東から下田は伊豆急各停で50分くらい 何度か海岸線と並走する 今回は各停だけ…