すきなもの雑記

話したいことを話したいだけ

観劇

鶴明会@浅草公会堂

2年前の配信で鏡獅子をやりたいと言っていた鶴松くん、納涼歌舞伎の主演を経てこのたび自主公演を開催しました。おめでとうございます。 体感ですが、他のお家より自分でご準備されていたもよう…本人が場所取りの抽選に並ぶって笑。 しかしながら衣装替えの…

NTLive 「ブック オブ ダスト〜美しき野生〜」

初めてナショナル・シアター・ライブの上映に行ってきました 構成はMETとほぼ同じで幕間はリアルタイム、各部開演前にスタッフインタビューが入ります なんか主役マルコムの外見が小説の表紙と全然違うが汗 劇場の観客がやたら笑ってるんですがその理由は最…

クリスタル・スペース・オペラ 宝塚月組 Rain on Neptune

一番言いたいことはですね 谷先生、うーちゃんを見つけてくれてありがとう! 今回トレフル役のうーちゃんの使われ方が正解も正解。 まず縁太メガネにビーニーに変な柄の靴下とリュックにオーバーオールで、典型的なサブカル好きの機械オタクという外見。しか…

雪組の色って… 宝塚雪組 夢介千両みやげ Sensetional!

コメディって評価されづらいからもったいないですよね。伏線の回収もよくできてて面白かったですよ。顔が良い総太郎(あーさ)より牛みたいでぼーっとした夢さんのほうが圧倒的にモテていて、しかも女スリ、芸者、太夫、美人局と玄人ばっかり笑。しかも未遂シ…

国立劇場5月文楽公演 義経千本桜

きっかけはこれ 歌舞伎オタクになって2年、今ならそのベースを活かしてより文楽を楽しめるだろうということで行ってまいりました!結果!楽しめました!! 今回は 伏見稲荷 道行初音旅 川連法眼館 時間にして2時間くらいなので鼓の経緯から狐の登場〜その正…

晴れやかなりし祝祭 令和四年團菊祭「土蜘」

私にとっては初めての團菊祭でした…! 今月は2部から。 土蜘は先月、能でも見ました 昨年、松緑さんの土蜘では3階席に目線が飛んできてびっくりした 菊之助さんで土蜘と言えば「四天王御江戸鏑」。 土蜘と遊女の二役なんて言うことなし 今回、一人武者・平井…

令和四年4月大歌舞伎

春。忙しくしている間に4月は通り過ぎますね 1部「天一坊大岡政談」 ※後の自分のために雑記。黙阿弥の本外題は「扇音々(おおぎびょうし)大岡政談」(黙阿弥全集春陽堂版の11巻)。ちなみに「天日坊」の本外題は「吾嬬下(あずまくだり)五十三次駅」(春陽堂版の2…

盛大なる主観 宝塚宙組 NEVER SAY GOODBYE

割と主観です。ご容赦を 5組まんべんなくみていると、宙組公演で驚くのがコーラスの調和。家に帰って他組の録画を見たんですが、やっぱり気のせいじゃないと思う。 5組あって同じ人数、同じような環境、私が見る環境もほぼ同じ中で宙組は明らかにコーラスの…

令和四年3月大歌舞伎 2部3部

今更ですが3月2部3部の記憶を掘り起こし 2部 ・河内山 ・芝浜革財布 芝浜、このキャストなら絶対やってくれるだろうと思ったスーパー真秀くんタイム、ありました。かわいい孫を目に入れても痛くないとはこのことかと。おやじさまだからこその取り計らい、そ…

歌舞伎座の席に座るとそこは宝塚とみまごうばかり 令和四年3月大歌舞伎 新・三国志

良すぎて良すぎて翌週1等を買い足しました 元々スーパー歌舞伎や弥次喜多といった澤瀉屋関係の新作歌舞伎は正直に言うと派手派手しくて映像ではあまりハマりませんでした 三国志初演は見たことがありませんが、出演者インタビューで口を揃えて言われているの…

最終兵器は息子…令和四年3月国立劇場歌舞伎公演「盛綱陣屋」

前置き。 国立劇場、どの駅からも微妙に遠いですよね 半蔵門駅が最寄りですが(よく見ると改札に国立劇場の鶴マークあり)、周辺にショッピングビルなどはありません しかしながら国立劇場は12時に開演するため、なにか食べておくか休憩30分の間になにか食べる…

しょんぼり席のはずが…今夜、ロマンス劇場で FULL SWING!その2 他

東京にやってきた月組公演 手持ちのチケットが全く無かったのですが、ぷらみちゃんと一般でA席と立見に行けました 個人的にはスカステ貸切絶対行けるやろと思っていたので落選してびっくりした… というわけで今回は立見の話。 番号が36番という今まで見たこ…

令和四年2月大歌舞伎「鬼次拍子舞」

今月は3部を見に行きました 鬼次拍子舞 開幕から代役、休演、中止と何やらバタバタ… 芝翫さんが開幕前にコロナ陽性 →彦さんに代役(わたしの観劇) →彦さん濃厚接触者 →巳之助さん休演 →公演中止(からの再開) 亀蔵さんが配信で、鬼次拍子舞は当日の朝に代役が…

それでも「天日坊」を見に行く理由がありまして

「歌舞伎とは鎮魂である。」 舞台を見ていると、その言葉が腑に落ちる 知盛もお岩様も何故に死にゆく様を克明に描写され、役者は演じ、観客は惹き込まれるのか。 亡くなった人の魂が安らかであるよう心を寄せる…ああ、お岩様、あの世ではあったかいふかふか…

令和四年1月 国立劇場 南総里見八犬伝

コロナの影響でばったばただった歌舞伎座 一方、国立は何事もなく千秋楽を迎えられました 演目は今まで2.5系やドラマで何度見ても展開が頭に入ってこなかった里見八犬伝。今回は原作現代訳をある程度頭に入れたので内容も登場人物も理解できました あらすじ …

令和四年 寿初春大歌舞伎3部

歌舞伎座 令和四年の新春興行です 令和ってもう4年目なのね…(遠い目) 今月は3部。まずは岩戸の景清から 初回は松也さんver.でした 岩戸に籠もった景清を引っ張り出すために「北風と太陽」のごとく奮迅する浅草組 まずは衣笠(米吉)と朝日(新悟)の舞、続いて和…

宝塚月組 FULL SWING!

ショーの感想です。 率直に言うと 月城さん、海乃さんのことまだ抱きたりないんです? と… 問いかけたくなるほど全編でいっちゃいっちゃしてます いいぞ プロローグが終わって銀橋渡りがあるんですが、なんかずっと手繋いでる…振りじゃなくて歌いながら手を…

宝塚月組 今夜、ロマンス劇場で

宝塚関連では公演中止が相次いでます 月組はその波がくる少し前に見に行くことができました 月組もいつどうなるのか非常に怖いですが、平常心で、マイペースに続けていってほしいです 体制が新しくなったものの、INしたのは彩みちるさんのみ、珠城さんさくら…

令和三年12月大歌舞伎2部3部

年の最後に12月大歌舞伎の2部3部を見てきました あまり見ない座組で新鮮です 2部 夫婦道成寺 ぢいさんばあさん 勘九郎さん(中村屋) ✕ 尾上右近くん(音羽屋)、 勘九郎さん ✕ 菊之助さん(音羽屋)、という組み合わせ。 夫婦道成寺は、道成寺レギュラー陣の聞い…

女と子供だけのサスペンス劇…令和三年12月大歌舞伎1部「伊達の十役」

2021年を締めくくる興行です まずは第1部から。 1幕と2幕で全く趣の違う作品。 序盤メッチャ義太夫節。この調子で10役変われるの?と思って、2幕になるとあれよあれよの早変わりになります 1幕はじっくりどっしり。 政岡は強い精神を持っていて、自制がきい…

私はやっぱりB席の女S モアー・ダンディズム!その2

舞台を東京に移した星組「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム!」を見てきました 宝塚大劇場の感想はこちら↓ 前回は1階席から。 今回は2階後方から見てきました。 結論から言うと芝居もショーも上から見たほうが、私には何が起こっているかわかりやすかったで…

高速御免!吉例大歌舞伎3部 花競忠臣顔見勢

今月は3部です 演目が発表されたとき、詳細不明で出演者だけが50音順で並んでいた花競忠臣顔見勢 いーっぱい言いたいことはあるんですが、まずはあらすじから 若狭之助(幸四郎)は高師直(猿之助)を斬った夢で目が覚めるが、実際に斬ったのは塩冶判官。 若狭之…

宝塚月組 川霧の橋/DreamChaser @博多座

桜嵐記以降、着々と月担として育っている我。 友の会とぴあで2回観劇チャンスを得たものの(Dream Chaserあと2回しか見れなくて後悔しないか…?)という自らの問に応えるがごとく観劇回数を増やして臨みました。 その後ピーチの減便で振替を余儀なくされ、それ…

宝塚星組 柳生忍法帖/モアー・ダンディズムと神戸珍道中その2

2次抽選で後方A席ブロックになり、S席の空き具合にS席にしておけばよかったかな…と少し後悔したんです しかし当日、1列前のS席がまるっと空いていたので視界が良好…! 前回ロミジュリの際はセンターがほぼ見えなかったのであまり期待しないようにしていたの…

中村屋錦秋公演@神戸こくさいホールと神戸珍道中

お天気にも恵まれ、今回は神戸で中村屋〜翌日宝塚で星組という行程を組みました! 中村屋錦秋特別公演2021 浦島…鶴松 甦大宝春日龍神…勘九郎、七之助 〜休憩〜 芸談 まずは鶴松くんの浦島から 普段、唄の内容がわからないと「ふわぁ〜〜」ってなりがちなのが…

10月大歌舞伎 3部「松竹梅湯島掛額」「喜撰」

湯島掛額、終演後の拍手が鳴り止みませんでした 降りしきる雪と右近くんの熱演、人形遣い、義太夫、三味線、すべてが良かったです 3部 松竹梅湯島掛額 喜撰 松竹梅湯島掛額 登場人物 紅長(菊五郎)…紅屋の主、お七を可愛がる お七(尾上右近)…八百屋の娘で吉三…

宝塚雪組 CITY HUNTER Fire Fever

初めて現場で雪組さんを見てきました これでようやく全組コンプリート こうやって見ると組自体のカラーや演出家の先生のカラーで色んな作品があるんだなあと実感。 特にアウグストゥスとシャーロックホームズのセットや転換がスピーディで感心していたので今…

令和三年10月大歌舞伎1部 天竺徳兵衛

猿之助さん、まさか三代猿之助四十八撰手当たりしだいにやろうって言うつもりなのかしら。 1部 天竺徳兵衛新噺 小平次外伝 俄獅子 小平次外伝 登場人物 小平次…猿之助。巡礼から戻ったところをおとわと多九郎に殺される おとわ…猿之助。小平次の悪妻 多九郎……

令和三年 9月大歌舞伎

3部は別で感想を上げましたので、ここでは1,2部を。 1部 お江戸みやげ・須磨の写絵 2部 近江源氏先陣館 盛綱陣屋・女伊達 ・お江戸みやげ 今まで見れるだけ映像も舞台も見てきたけど 七之助さん ✕ まるるの組合せ、カップルかどうかはともかく、同じ演目と…

令和三年9月大歌舞伎3部「東海道四谷怪談」

遅まきながら9月3部の感想を。 3部 東海道四谷怪談 岩…玉三郎 伊右衛門…仁左衛門 宅悦…松之助 喜兵衛…片岡亀蔵 梅…千之助 小仏小平…橋之助 直助権兵衛…松緑 伊右衛門邸の場 伊藤喜兵衛宅の場 元の浪宅の場 本所砂村隠亡堀の場 前日に岩波文庫を準備して、コ…