すきなもの雑記

話したいことを話したいだけ

新春歌舞伎公演 国立劇場「遠山桜天保日記」

f:id:em378794:20230126220054j:image

f:id:em378794:20230126234332j:image

松の内に観劇はできませんでしたが、年の始めを寿ぐ空気で満ちていました

1月の国立劇場、一番好きかもしれません。がしっと長くて内容はそこまで固くない。劇団にも抜群の信頼があります。

今回のお芝居は遠山桜天保日記です

 

あらすじ

遠山の金さんは芝居好き。座元のトラブルも解決し街の人に慕われていた。ところ変わって義太夫の師匠お若(梅枝)は尾花屋の若旦那小三郎(菊之助)と良い仲だったが育ての親、政五郎(権十郎)に反対され二人は三囲から大川に身投げする

そこに現れたのは短筒強盗の角太夫松緑)。生臭坊主の天学(彦三郎)を強盗に仕立て、天学は捕縛される。死にきれなかった小三郎は羅漢小僧と名を変え安房国でごろつきをしていた。そこで角太夫、牢脱けをした天学と徒党を組む

政五郎の屋敷に現れた羅漢小僧は金をたかる。お若の父は角太夫。幼い頃に出ていったため妻のおもと(時蔵)は行方を探していた。按摩になりすました角太夫と政五郎の屋敷で居合わせたおもと。後を追うが諍いになり角太夫はおもとの首を締め上げる

天学は強盗に仕立てられた腹いせに、羅漢に角太夫を裏切ろうと誘うが断られ始末しようとする。そこに現れた桜吹雪の入れ墨をした男に羅漢は助けられる。佐渡金山の御用金を盗むため、新潟の料亭で落ち合った角太夫と天学。追手が迫り浜での立ち回りとなる。捕らえられた天学はお白洲へ。金四郎の取り調べに小三郎、死にきれず花街に売り飛ばされていたお若、海へ落ちたが生きていた角太夫、首を絞められていたが仮死状態のおもと、尾花屋の小姓辰吉(丑之助)が登場しての大団円となる

大詰は河原崎座の舞台。華やかなお祭りとなる。

 

1月の国立劇場が好きな理由は菊之助さんと梅枝さんが若手トップコンビとして組んでくれるからです。今回も縁切の細やかな演技や心中の所作が美しくて見惚れました。横顔の梅枝さんは文楽のお人形みたい。また河原崎座で着ていたモスグリーンのお着物がすごく似合っていました。菊之助さんはここでは女方。一つの演目の中で男女どちらも演じるのは歌舞伎ならではですね。

お芝居中の右近くんの義太夫のお師匠はとても可愛いし一節唄ってくれます。隣で三味線を弾いていたのはやゑ六さんでしょうか。すっごく上手でびっくりしました。そして左近さんと萬太郎さんが八州廻りという役職。八州廻り八州廻り(はっしゅうまわり) | 時代劇用語指南 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダスという仕事は初めて知りました。なんだかいろいろと物語の有りそうなお仕事…!左近さん台詞が多かったです。

お小姓の丑之助くんは今回もしっかりと演じていました。1回目に観劇した時は丑之助くんが休演だったためストーリーに「???」となり、予想以上に辰吉が重要なことを話していたのがわかりました。

歌舞伎座と違うのは美術。今回の大川端の背景がすごく素敵でした。ベタッと塗られてる感じがなくて。新潟の行形亭の向こうに広がるのは日本海の荒波。海際にあったんですね。立ち回りの岩場も高さがあり立ち回りも凝っていてとても迫力がありました。

菊五郎劇団の役者は世代が若返りつつあり、今とても勢いを感じます。平日公演でもガラガラということはなかったので、歌舞伎のファンがきちんと良さを受け取っているように感じられました

 

 

 

 

 

令和5年 新春浅草歌舞伎2部

f:id:em378794:20230111002517j:image

新春浅草歌舞伎が3年ぶりに開催されました。

今回、出演者は1部と2部でぱきっとわかれています。

私が見たのは2部

吃又・連獅子

の2本です

浅草公会堂は改装が終わり、端に手すりが付きました。その関係で2階席各ブロックの端は当日券扱い。試しに座ってみたんですが、手すりの背が高く、前の人の頭が被ってくると舞台の半分くらいは見えないのではないかと思いました。ちなみに3階席は花道もほぼ見えません

 

吃又(傾城反魂香)

通称が定着しすぎて、見ながら(外題なんだっけ?)って真剣に考えてました。

又平…歌昇

おとく…種之助

修理之助…莟玉

雅楽之助…松也

歌昇さんは喜怒哀楽をはっきりと出して演じており、苦しみや悲しみにストプレのようなリアルさがあり、見ていて胸に迫るものがありました。

種ちゃんのおとくはよく喋り気の利く奥様。鼓はちゃんと叩いていた。3階席で見ていて、反対側のサブルームのガラスの反射で花道で何をしているかがなんとなく見えました。手を繋いで仲良さそうに帰っていってましたね。

歌昇さんの又平が着替えて、衣装をどう?どう?と得意げにおとくに見せていて、以前見た菊之助さんの引窓の南与兵衛を思い出しました。与兵衛も名前を与えられて髷をちょいちょいと整えて喜んでいて、喜び方が可愛らしかったです。ともに吉右衛門さんから習っているんですよね。これが面影か〜と思いました。

 

連獅子

親獅子…松也

子獅子…莟玉

宗論…歌昇、種之助

雅楽之助でも思ったけど、松也さんがものすごく大きい。配信でまるると並んだ連獅子の写真を出してましたが本当に親子みたいなサイズ感。

連獅子って他の舞踊に比べると割と気合でカバーしている気がして(そんなわけはない)、松也さんは最後の最後に毛振りで気合を見せていたので客席が湧いていました。

 

私にとっては初めて見た浅草なんですが、今回の出演者はみんなすでに芸達者。歌舞伎座での主演者もいます。次は25歳位の役者さんを筆頭に固めてみたらどうだろう。千之助さん鷹之資さん虎之介さん玉太郎さん團子チャン染五郎さんあたりで浅草ができたらフレッシュで面白そうだと思いました

ウェスティン横浜 ベリーベリーストロベリーアフタヌーンティー

f:id:em378794:20230108164050j:image

ウェスティン横浜のアフタヌーンティーはあまり混んでいないということで行ってきました。イチゴのアフタヌーンティーと聞くと甘いものオンパレードなイメージがありますが、セイボリーが半分でしかも味のバランスが良く、映えだけでなく美味しかったです。

まず23階のフロントとラウンジのフロアがとても静か。ホテル自体も桜木町駅から少し離れたところにあるので落ち着いていました

f:id:em378794:20230108164834j:image

スイーツビュッフェと違い、小粒でしっかりと味のあるのがアフタヌーンティーの良さ。マカロンコンソメゼリーもタルタルも個性がありました。

 

苺とフロマージュブランのムース

下の生地がアクセントになってて美味しかった

f:id:em378794:20230108165345j:image

スモークチキンと苺 生姜風味のサルサトルティー

イチゴはちゃんと主張しつつも調和を崩さない

f:id:em378794:20230108165410j:image

苺のショートケーキ グラススタイル

クリームが甘すぎず…ケーキ食べた感じにはならないけどね
f:id:em378794:20230108165443j:image 

苺とラズベリーのマカロン

苺とダークチョコレートムース

チョコレートムースの断面が層になっていて美味しかったです
f:id:em378794:20230108165526j:image

スコーンプレーンとクランベリー2種でジャムとクロテッドクリームとハチミツが付いてきました

紅茶はロンネフェルトで、ティーポッド提供。甘いアイリッシュモルトからベーシックなブレックファスト、ミントと最後はストロベリーフレーバーをテーブルで1つ頼みました

写真からわかると思いますが、西向きで夕陽が刺してきます。逆光だし、そもそも眩しいのでお昼のほうが良い写真が撮れるかもしれません

雪松図と吉祥づくし @三井記念美術館

f:id:em378794:20230108161730j:image

コレクションの系統がとっても好みな三井記念美術館円山応挙の収蔵品を中心に、牡丹や瑞鳥、七福神をモチーフにした作品を紹介しています

三井記念美術館は展示室の関係で、前半は焼物や工芸品などが展示されます。日本も唐も吉祥のモチーフが同じというのは興味深いですね。仏教の伝来によるものか、文化として独立して発展していたのか。

中盤に茶室如庵が設置されています。その中に可愛らしい兎の茶碗が。

終盤は広い展示室になり掛軸や屏風が展示されています。今回のメインは円山応挙の「雪松図屏風」。広い展示室の正面で雪の積もる松を下から見上げているような感覚になりました。室内にいながらも冷たい風を感じられるようです。

永楽保全の鳥の香合が小さくて色も可愛かったです

今では考えられないような技ありの可愛いものに出会えるのが美術館博物館の面白いところですね。最後に小さな展示室がおまけのようについているのもこの美術館の素敵なところです。

日本橋エリアなのでお散歩するにも最適です

f:id:em378794:20230115214630j:image

志摩観光ホテル ザ ベイスイート

志摩観光ホテルはクラシックとベイスイートがあり、今回はベイスイートに宿泊しました

f:id:em378794:20230108155805j:image

 

ホテルのある賢島は名古屋から近鉄で90分の終点。のどかですが、海沿いにも関わらず山に囲まれている感じがあります

昼に到着したので近くの定食屋さん海幸で昼飯。

f:id:em378794:20230108145759j:image

f:id:em378794:20230108145811j:image

定食はご飯、味噌汁、小鉢、焼魚、写真のサザエと刺身でした

刺身の一切れがデカくて幸せ、サザエのキモがほろ苦くて美味しかったです

賢島駅周辺はほぼ何もないので、ホテルのピックアップ時間まで少し歩いたところにある宝生苑でお茶しました

https://www.hojoen.com/

館の中に滝があるようなかなり大型のホテルです。レストランとラウンジが隣り合っていたのですが時間帯もありほぼ貸切、海が見える席でとても気持ちよかったです

 

ピックアップ時間になり志摩観光ホテル  ザ・ベイスイートに向かいます

部屋はコーナー以外、ほぼすべて同じ間取りかと思います。広さは100㎡。扉を開けた瞬間の玄関の広さが圧巻です

f:id:em378794:20230108151446j:image

f:id:em378794:20230108151542j:image
正面はバスルームで右にカウンター、左にベットルームとリビングがあります

f:id:em378794:20230108151820j:image

f:id:em378794:20230108151909j:image

リゾートエリアというイメージですが、窓の外は自然が広がっていました

宿泊客はすることがないのでクラブラウンジに集まってくる笑

f:id:em378794:20230108152338j:image

クラブラウンジはクラシックの方が好みでした

f:id:em378794:20230108152629j:image

クラシックはライブラリーも兼ねており屋外も楽しめそうです

ベイスイートはスイーツが中心でしたがクラシックはセイボリーやカクテル用のカウンターで、お好みのアルコールドリンクを作れるようでした

宿泊客用の大浴場があり、夕食前に利用しました

ディナーはホテル内のレストラン  ラ・メールで。

f:id:em378794:20230108154036j:image

f:id:em378794:20230108154048j:image

f:id:em378794:20230108154102j:image

f:id:em378794:20230108154114j:image

フルコースだったため部屋に戻ると21時、部屋からは星が綺麗に見えました

f:id:em378794:20230108154841j:image

ラウンジの外にあるプール?水場にも降りてみました。部屋着がナチュラルカラーのフード付で可愛かったです。

朝食は和食の浜木綿で。

f:id:em378794:20230108155517j:image

f:id:em378794:20230108155530j:image

白米かお粥か選ぶことができました

チェックアウト後近鉄で鳥羽まで移動、水族館でラッコのメイちゃんと初対面したあと、鳥羽駅近くに何軒か海女小屋が並んでおり、最後に魚貝をいただきました

f:id:em378794:20230108160346j:image

f:id:em378794:20230108160406j:image

このエリア穴場かも!貝も伊勢海老もめちゃくちゃ美味しかったです

東京からはちょっと行きにくい伊勢志摩エリアですが、いろいろと楽しめました。特にホテルのお部屋は新しくはないけど広くて丁寧にお手入れされていて気に入りました

 

予想外の好演「井筒装束シリーズ 詩楽劇 八雲立つ」

f:id:em378794:20230108004301j:image

2022年の最後に東京国際フォーラムホールBで行われた公演に行ってきました

冠についているJ-CULTURE FESTは年に1度行われているイベント?のようで、過去の演目を調べたところ歌舞伎役者だけでなく俳優さんや元タカラジェンヌ、音楽家の方などが出演しているようです

今回の主な出演者は尾上右近くんと水夏希さん、バイオリニストの川井郁子さんと石見神楽のみなさん。演出は尾上菊之丞さんです

 

ホールBは上階の展示室で、客席はパイプ椅子でもちろん2階席や段差はありません。上演の環境は学園祭の出し物のような感じでした

今回のメインストーリーはスサノオノミコトクシナダヒメの物語で、歌舞伎の「日本振袖始」に近い場があります

出演者の得意ジャンルをつなぎ合わせ、右近くんは舞台上で顔をする(歌舞伎の化粧)という演出、見得や石見神楽の八岐の大蛇との立ち回りをしていましたし、水さんは川井郁子さんの演奏でアルゼンチンタンゴを踊っていました

演奏はキーボードとウッドベースバンドネオン和楽器の和太鼓や笛、附打ちさんもおりとても豪華。それぞれの分野のプロフェッショナルが持ち味を発揮する2時間でした。政治系イベント色が見て取れたのでなんだか複雑な気持ちを抱きつつも、これがもう少し商業ベースに寄ればシスティーナ歌舞伎なので、システィーナ歌舞伎の偉大さを終演後のエスカレーターを降りながら感じていました

 

 

 

 

 

 

パリ・オペラ座 響き合う芸術の殿堂@アーティゾン美術館

f:id:em378794:20221229005154j:image

金曜の夜間開館に合わせて行ってきました

正面の画像には人はいませんが、なかなかにぎわってました

展覧会は現在のオペラ座ガルニエ宮の概要のあと、時を戻してバレエに傾倒したというルイ14世の衣装スケッチから始まります。ルイ14世と当時の作曲家リュリは宝塚月組「All for One」に登場しました。大まかな設定はフィクションでしたがルイ14世がバレエに熱心なシーンがあったので衣装スケッチを見て史実も取り入れられているのねと感心。

その後のパリの芸術の隆盛を、舞台美術のスケッチで振り返っていきます。オペラ座は横幅はそこまでないけれども奥行きが広いように見えます。本当に初演でこんな華やかなセットが組まれていたかと思うと感動。

さらにパリで人気を博したバレエダンサーにまつわる作品を紹介。マリー・タリオーニの肖像画や愛用品が展示されています。今で言うトップアイドルのような存在かな。支配人の変遷についても紹介。古典の衰退からイタリア人の作曲家がオペラを作るようになり、歌舞伎の通しもののように上演スタイルが確立され、さらにオリエンタルな作品が流行、1910年代にはロシア生まれのバレエ・リュスが公演を行うようになります。やっぱりバレエ・リュスの衣装や美術資料が大好き。華やかなりし時代の到達点のように感じます

有名画家たちの描いたオペラ座に関する作品展示はあるものの、やっぱり【場所】に対する環境の変遷を取り上げるという趣向が面白くて、どちらかというと資料展のようだったかも。解説の文字も多くて、でも興味深く読んでいたのであっという間に時間がすぎる…

アーティゾン美術館はリニューアルしたばかりなのですがいまいち建築やインテリアに特徴がないのが特徴というべきか…私が収蔵品の傾向をきちんと把握できてないからいけないんでしょうが、方向性をまだ掴みきれていません

物販のクオリティは素晴らしく、展覧会がハマったらぶっ飛んで散財すると思います