すきなもの雑記

話したいことを話したいだけ

北斎と歌舞伎@すみだ北斎美術館

北斎美術館に行ったのはGWの天気の良い日

f:id:em378794:20240605205902j:image

公園で子どもたちが遊び、とても良い休日でした

今回行ってきたのは「歌舞音曲鑑」展です

f:id:em378794:20240605210206j:image

やはり資料館としての役割もあるため、規模の小ささを感じさせない情報量ですね…!

個人的には「雀踊り」という、江戸で流行った踊りの展示が気になりました

f:id:em378794:20240605210513j:image

(北斎漫画「雀踊」お借りしました)

飛んでる姿がどことなく雀っぽい

善玉悪玉の「三社祭」は今でもたまに見ることができますが、雀踊は見たことがない。けど作品を見ると、かわいいに違いない

 

「日本振袖始」の大きめの錦絵もありました

※江戸川北輝「本朝振袖之始素盞烏尊妖怪降伏之図」

こちらもかわいい妖怪がいっぱいでした

「日本振袖始」って、てっきり明治ぐらいの作品だと思っていたら古典の大作からの見取り作品だとわかり、とても意外でした!

 

 

茶の湯の美学@三井記念美術館

f:id:em378794:20240512011356j:image

展示のテーマとは直接関係ないけど、この右下にあるのが三井記念美術館所蔵の志野茶碗「卯花墻」で、私はこの作品が大好きです。素朴で温かみがあるというか。ここにしれっと入れ込んでくるのもちょっと面白い。国宝なので美術館も見てみて〜、って感じなんでしょうか。トーハクの国宝展にも来ていましたね

日本の美術館のコレクションの礎は大体が明治〜昭和の実業家ですが、三井家はそれよりもずっと前から価値ある逸品を蒐集し、三井記念美術館が公開しています。それより以前にぐーっと遡っていくとコレクターの元祖、古田織部にたどり着きます。おそらく彼一人ではなく、戦国時代いつ死ぬかわからない武将たちが(全員かどうかは知らないけど)こぞって蒐集していたのでしょう。武勲や褒美として見ていたのか良さを理解していたのかは今となっては不明ですが。

というわけで、利休、織部小堀遠州3名の美学を紐解く展示です

それぞれが所属した作品を見るとたしかに好みには違いがあることがわかります。利休がひたすらにすっきりとした中に重苦しいほどの侘び寂びを好むとすれば、織部は素っ頓狂な、現代でも「なんと素っ頓狂な!」とわかるくらい「破格」の、ひょうげたものを好んでいたのだなとわかります。その織部に師事した遠州は、江戸時代への移行と共により価値観が洗練されていったのかなと、勝手に推測しながら見ていました

また美術館内に突然現れる茶室如庵は織田有楽斎(織部が仕えた信長の弟)が作ったものだとか。縁を感じました

 

 

大吉原展

発表当初に物議を醸していた芸大美術館の「大吉原展」に行ってきました

私はデザイン分野のことはよくわかりませんが、一般の美術館の観客として、開幕前の炎上に関してはメインビジュアルがシンボリックすぎたのかなと思います…
f:id:em378794:20240529094105j:image

展覧会の序文は誠意を感じましたし開催する意図や敬意を感じました

ただ展示としては非常にシンプル、むしろスペースの使い方が単調で、上階の吉原の1年をたどるという構成は珍しく感じました。真ん中に通路があり左右に小部屋があるのは美術館のデフォルトなのか今回あえてなのか。通路の先には吉原遊廓の模型図(下町風俗資料館蔵)が展示されています
f:id:em378794:20240507022535j:image

中まで精巧に作られていて、遊郭建築ってこうなっているのかあ!と感心。しかしこの記事を書くに当たり調べたら、どうやら正確な資料のない状態で想像で作成されたらしいですね…とはいえ、かの時代に思いを馳せたくなったらまた見に行きたいと思います

 

 

石段は霧に濡れて…高松倉敷さんぽ

曇天女が通りますよ〜松山さんぽに引き続き、晴れ間はありません


f:id:em378794:20240507003248j:image

今回はフェリーなので揺れもなく到着しました

ついたのは…

f:id:em378794:20240507003739j:image
f:id:em378794:20240507003925j:image
直島です。南瓜は映り込みがありすぎて載せることを断念

さて、時間の関係で地中博物館に向かいますがここで覚書。バスはつつじ荘で一旦乗り換え。徒歩で向かうには30分程度で勾配有り

地中美術館バス停を降りると、正面のコンベンションセンターでチケットを確認され、さらに坂を5分ほど登ります

入り口のこの素っ気なさ
f:id:em378794:20240507004238j:image
f:id:em378794:20240507004533j:image

ちなみにこの門をくぐった先のショップ以降全くの撮影禁止です。それなのに海外の観光客の多いこと。安藤忠雄特有の幾何学的なフォルムを基調としたいくつかの展示室が埋まるように斜面上に配置され、上空から光を採り入れるように造られています。無機質で静謐な森博嗣の小説に出てくる真賀田四季の研究室が連想されました。

f:id:em378794:20240511234015j:image
f:id:em378794:20240511234035j:image

しかし花は咲き乱れているしレストランの米粉パンは美味しいし。

f:id:em378794:20240511234223j:image

直島は木造の家屋が圧倒的に多いです。古いのではなく新しい家も木造。島全体にアートスポットが点在していて帰りはフェリー乗り場まで歩きましたが楽しく歩けました

f:id:em378794:20240511235208j:image
f:id:em378794:20240511235225j:image

高松に宿泊し翌朝は栗林公園からスタート

上から見たこの風景が一番すごかったです

絵画のような美しさ

f:id:em378794:20240511235800j:image

f:id:em378794:20240511235816j:image

中央に大きな民芸館があります

早朝すぎて人がいませーん

残念ながら雨でしたが、それでもわかるお手入れの良さ。昔(昭和初期?)は動物園だったようですね

さて、この日は琴平に移動してこんぴら歌舞伎を見ます。歌舞伎観劇は別記事にて。ホテルはすぐ近くの琴平グランドホテル桜の抄へ

f:id:em378794:20240512002015j:image

f:id:em378794:20240512002105j:image

f:id:em378794:20240512002036j:image

意外にも内装が新しく、洗面スペースを進んだ先に温泉が付いています。ちなみに大浴場もありそこにバラのお風呂があったんですが、使われているバラのまあ見事なこと。旬だったのでラッキーでした

さてここから食事。歌舞伎観劇でコチコチの身体に夕食が染みます

f:id:em378794:20240512002616j:image

f:id:em378794:20240512002638j:image

f:id:em378794:20240512002658j:image

食べ終わったらその日はすぐにうだうだウトウト…

この夜はしとしとと雨が降っていて、部屋の温泉の窓を開けてその音を楽しみながら入浴という贅沢な時間を過ごしました

翌朝は朝から金毘羅さんにお参りします

f:id:em378794:20240512003312j:image

f:id:em378794:20240512003438j:image

前日もそうでしたが、旅先は早起きに限る!

ほぼ貸切状態で回れます。私達が参道を出るのと入れ違いに団体客が石段を登っていったのでした。

今回は物を増やさないよう気をつけていたのですが、雑貨屋さんで扱っていたこんぴら歌舞伎の幟で作ったトートバッグのみ購入。これはいいヲタグッズだと思います

さてここまでで朝9時。チェックアウトをして倉敷へ寄り道します。前日夜にうだうだしながら「明日は倉敷へ行こう!」と無謀な計画を立てていたのでした。特急せとで瀬戸内海をわたるのが楽しかったです

倉敷はアイビースクエアで備前焼体験をしたあとに散策。こちらは直島とは街の作りが全然違いますね

f:id:em378794:20240512004121j:image

f:id:em378794:20240512004600j:image

f:id:em378794:20240512004629j:image

人がいないように撮っていますが、平日にも関わらず沢山の人がいました…!

f:id:em378794:20240512004750j:image

どんなふうに焼き上がるのかな

今度は大原美術館にも寄りたいし、アイビースクエアに宿泊もしてみたい

夢の広がる高松倉敷さんぽでした

 

 

 

 

 

 

おみやげいっぱいにして帰りたい…高山さんぽ

突然ですが高山って憧れですよね、山深くて関東からも関西からもちょっと行きにくい土地。飛騨の木工職人を登場人物にして私が夢中になった新作歌舞伎が〈贋作 桜の森の満開の下〉でした。曰く、原作の坂口安吾は飛鳥と飛騨にある「飛」という漢字の共通点から飛騨王朝説を唱えていたとか…?

名古屋から高山までは高山本線で2時間半なんですが、途中の下呂温泉で途中下車します

f:id:em378794:20240507010204j:image

まずはバスで下呂温泉合掌村をさんぽ

下呂温泉 合掌村 スマートフォン【公式サイト】

円空の彫った仏像の展示もあります

 

合掌村から歩いて共同浴場の白鷺の湯でひと休み

f:id:em378794:20240507010708j:image

前にも来たことがあるんですが、変わらず清潔感があって静かで洋風の素敵な温泉です

高山に移動する前に白鷺の湯の道中にあるレストランで飛騨牛のハンバーグを食べたんですが、これがまた美味しくて。ひき肉のぎゅっとなった旨味が地元のお米と朴葉みそに合う

f:id:em378794:20240507012016j:image

特急に乗り高山に到着。本日の宿は東急ステイ飛騨高山 結の湯です

新しいホテルだったので温泉が新しくて良かったです。それにしても高山はホテル選び難しいなと思いました。本当なら宮川周辺が良いんですが駅前という安心感も捨てがたく…温泉|【公式】 東急ステイ飛騨高山 結の湯

景色はほとんど見えないんですが、開放的なお風呂に入るだけで気分がリフレッシュされますね

f:id:em378794:20240507012430j:image
f:id:em378794:20240507012402j:image

小上がりのあるお部屋で電子レンジ付きだったので夕食は買い出しに行こうとなり、さんぽがてら買い出しへ

f:id:em378794:20240507012928j:image
f:id:em378794:20240507013001j:image
広い高山陣屋(江戸時代の裁判所とか役所とか蔵を合わせたやつ)を見学しました

高山の通りはとにかく飛騨牛の握り寿司が人気。しかし飛騨牛はお昼に食べたので、テイクアウトの焼き鯖寿司とミンチカツ、きゃらぶき、牛すじ煮込みとフロントで日本酒などを買い込みテーブルに並べました

そしてやはり、部屋でうだうだ食べているといつでもベットに入れちゃうのが良いというか悪いというか。夜はあっという間に過ぎていきました

 

翌朝は早く起き出してビュッフェで目を覚ましてから朝市へ
f:id:em378794:20240507013421j:image
f:id:em378794:20240507013440j:image
f:id:em378794:20240507013458j:image
途中の町並みにわくわくして散歩しがいがある

陣屋前朝市から川沿いの宮川朝市へ移動します

f:id:em378794:20240507014444j:image

どちらの朝市も散財しちゃって危ない〜!漬物や鷹の爪、わたしは変わり種でドライフラワーを購入しました。東京の雑貨屋さんより全然安いんです

宮川朝市を抜けると櫻山八幡宮の参道にぶつかります
f:id:em378794:20240507020618j:image

大きな古いお社でした
f:id:em378794:20240507020924j:image

日が高くなり朝市以外にお店も開き始めたので、飛騨春慶という漆の小さなお盆を購入しました。他にも飛騨さしこやお香、家具、酒屋、骨董店など地元に根付いたお店が格子越しに並んでいるのでいくら時間があっても足りませんね。海外から来た方にもぜひ気に入ったものを買って帰ってほしいな

チェックアウト後に蕎麦小舟さんで最後の腹ごしらえを

f:id:em378794:20240507021147j:image

熱いつけつゆに薄切りの飛騨牛が入ってるんですが脂がだんだん溶け出してきて美味しい〜!

お店も古き良き蕎麦屋さんといった感じで広かったです

 

 

 

令和六年3月大歌舞伎「伊勢音頭恋寝刃」

今更ながら3月夜の部の感想です

幸四郎さんが主人公、相方のボンクラ坊っちゃん菊之助さん、料理人喜助にらぶさん、三枚目に彦さんという大変素晴らしい配役の組み合わせです

f:id:em378794:20240501094052j:image

 

前回も書いてますが、歌舞伎あるあるの各部のジャンルが違いすぎ芝居ですね

前半、相の山・宿屋・追駈け・地蔵前・二見ヶ浦

まではコミカル&スピーディに進んでいきます

ボンクラ万次郎(菊之助)としっかり者の従者貢(幸四郎)の手下、林平(歌昇)が大活躍。敵が地蔵に化けたり井戸に逃げたり動きっぱなしでドタバタです

今回初めて見たのが太々講の場。ここ面白かった。正直正太夫(彦三郎)の盗みをなすりつけられる貢。お紺を叔母とごまかすが、本当の叔母のおみね(高麗蔵)が青江下坂を携えてやって来てしまう。このおみねさんが探偵役でカッコイイ。謎解きぽい展開で進んでいきます。彦三郎さんのメイクが完全に後半のシリアスとは違いますからねっ!と訴えかけていました。青江下坂を手に入れた貢は万次郎のもとへ急ぎ後半へ

後半、油屋・奥庭。ここはよくかかる場面ですね。ここからはシリアス…というか、「半沢直樹」のような我慢を強いられる展開が続きます。後半の貢は女に翻弄されるちょっと頼りない感じ。だからこそ万野(魁春)お鹿ちゃん(彌十郎)がグイグイ来るんでしょうね。そして幸四郎さんはそういうのが似合う。最後殺人鬼になるのも含めて似合いますね。また今回の料理人喜助は愛之助さん。思慮深い従者でこの役はずるいくらいかっこいいんですよ

最後の伊勢音頭で真ん中で踊ってらしたベテランの女方さんの踊りが目の吸い付くような形の美しさでした

ダーツの旅で松山さんぽ…トラブルぶくみを添えて

f:id:em378794:20240430233041j:image
習い事の発表会のモチベーションアップのためダーツの旅を企画、ダーツは四国の左上に飛んだため、愛媛に行ってきました!発表会当日にコソコソとダーツを持ち込んで、先生にバレないよう楽屋で矢を放つという不届きなイベントを行ったのでした笑。

 

さて当日、ANA便なので羽田発なのですが、早朝便だったためなんとさっそく到着時間予想が空港のチェックインに間に合わないという。最近タクシーがつかまらない…という巷の噂が脳裏をよぎりヒヤッとしました。航空会社からお知らせされる締め切り時間はそこまで混んでいないスムーズな場合。今回は6時のカウンターでさえ混雑していたので早めに行動しないとだめですね。

f:id:em378794:20240210221641j:image
f:id:em378794:20240210221616j:image

松山市街に着いて、まずは道後温泉(まだ外観工事中)でお風呂に入りアーケードでみかんジュース飲み比べ

お昼は三津浜というエリアに移動し鯛めしをいただきます

鯛メシ専門・鯛や – 天然真鯛の炊き込み鯛メシ専門店

f:id:em378794:20240210221917j:image
f:id:em378794:20240210221939j:image
鯛の身はふっくらと厚く、じゃこ天や削り蒲鉾なども美味しかったです

駅からの道にはカフェや雑貨のお店がありました

 

さてここから雲行きが怪しくなります。今夜の宿は島。海が荒れてもチェックインしなければ…ということで、15時頃高浜港に向かいます

f:id:em378794:20240210222206j:image

f:id:em378794:20240210222812j:image

※画像お借りしました

高速船で30分、中島に到着します

宿泊予定のほしふるテラスは港から徒歩30分。大雨のため接続している島内バスに乗らないと大変なことになります。情緒ある平屋の続く町並みだったんですが早々にバスに乗り込みます

ほしふるテラスでは宿泊の予約が入っていないなど色々あったのですが、食事も対応していただき何とか寝床を確保。宿は海水浴客向けに浜に面していて、夏または晴天時にはとっても素敵なんだと思います。が、今回は冬の荒天でした笑

2日目は松山駅からの観光列車「伊予灘ものがたり」

伊予大洲に向かいます

f:id:em378794:20240423075318j:image
f:id:em378794:20240423075359j:image

観光列車「伊予灘ものがたり」 - JR四国

食事も美味しかった!

f:id:em378794:20240423075607j:image

f:id:em378794:20240423075636j:image

追加で和菓子を注文しました

午前中に大洲に到着、次の電車まで時間があったので周辺を観光します

f:id:em378794:20240423080418j:image

中心地のおはなはん通りの一角には喫茶や雑貨、宿泊施設があります。

NIPPONIA HOTELの内観を見せていただけたのですがすごく素敵

f:id:em378794:20240423080958j:image

泊まってみたいですが、海外の観光客に体験してもらうというのが今のトレンドなんでしょうね

f:id:em378794:20240423081205j:image

f:id:em378794:20240423081243j:image

茶寮平野屋さんでお茶と和菓子を。連れは本わらび餅を注文していました。

まだ時間があったので、臥龍山荘と大洲城を見学します
f:id:em378794:20240423081553j:image

f:id:em378794:20240423081614j:image

伊予大洲を後にし、本日の宿がある内子へ。本日の宿はオーベルジュ内子です

駅からタクシーで移動、高台の町営公園の横に位置しているため自然の中にあるような感じ。以前は龍王荘という国民宿舎だったようです。(素敵な暖炉の上に大きなやかんがあって、そこにデカデカとマジックで龍王荘と書いてあって気付いた)調べるとこちらも味わいがあって良さそう。現在はリブランドして沢山の方に利用されているようです
f:id:em378794:20240423081947j:image
f:id:em378794:20240423082240j:image
f:id:em378794:20240423082022j:image
f:id:em378794:20240423082039j:image
このテラスが良かったです

寒かったので毛布にくるまって、最後はこの後ろにあるお風呂で足湯をしながら過ごしました

お部屋から少し移動したところに食堂があるので、夕食はそちらでいただきます

f:id:em378794:20240425225625j:image

f:id:em378794:20240430225354j:image
f:id:em378794:20240425225535j:image

テーブルには内子の名産だった和ろうそくが灯っていました。翌日お土産で購入。和ろうそくは光が大きく、蠟が溶け出ないので不思議な感じがします
f:id:em378794:20240425225803j:image
食堂から部屋への帰り道。素敵な夜でした〜!けど熟睡笑

翌日の素敵な朝食から

玉子は3種類から選べました
f:id:em378794:20240430225017j:image
f:id:em378794:20240430225215j:image
土鍋の中はつやつやのご飯が
f:id:em378794:20240430225311j:image
チェックアウトし内子の街を散策
f:id:em378794:20240430225607j:image

内子座です

花道を歩ける上に舞台にも乗れ、奈落も見学できました…!このあと春の巡業で中村屋が来るためポスターがたくさん貼られていましたよ

f:id:em378794:20240430230207j:image

f:id:em378794:20240430225949j:image

内子座は地域の有力者たちが芝居を始めとするエンタメの拠点として建造、維持してきたそうです。

町並みにちょっと謎のある内子の街。木蝋(和ろうそくの材料)の生産で一財を成した芳我家と複数の分家が資料館や飲食店として内子の町並みを現代に伝えています。

f:id:em378794:20240430231255j:image
f:id:em378794:20240430231217j:image
いろいろと街歩きしてきたつもりだけど、分家の数が見たことないくらい多い街です。そして製蠟は明治〜大正が最盛期で大正末期には衰退していったとか。

さて、空港のある松山に戻ります

f:id:em378794:20240430231706j:image

f:id:em378794:20240430231728j:image

松山城は要塞感があってカッコイイ。お城の中には甲冑体験コーナーなどもありました

f:id:em378794:20240430232125j:image

f:id:em378794:20240430232142j:image

帰る前にカウンターの車井戸さんで鍋焼きうどんを食べました。雨で寒かったので沁みた…

 

さて空港に向かった我々なんですが、羽田空港の気象条件が悪くセントレア関空着の可能性があると…それだったらもう一泊しよう!ということで急遽松山に延泊、夜はスペイン料理屋でゆっくりしたのでした