すきなもの雑記

話したいことを話したいだけ

【後編】宝塚大劇場遠征あれこれ

では後半、遠征覚書

まずチケット争奪具合から。

友の会抽選は全然だめだった

なにせ私の定休は水木なんだけど、水曜休演多いんだもん🥺

先に決まったのは友の会先行

日曜朝〜午後は仕事で一番バタついていてなかなか戦えない時間帯なんですが、14時頃に(完売だろうな〜)と思ってサイトを見たら

まだ残ってる…!

というわけで戦わずしてB日程ゲット。

平和が一番。

 

そして抽選で焦ってダメ元で応募し、2週間位当落発表のずれ込んだローチケ貸切日

これが当選だったのでA日程も無事ゲット。

 

しかしながら3月は年度末のため忙しく、2回も遠征できるかな?そんな資金あるかな?という心もとない状況。

陸路(新幹線)だと日帰りができるけど片道約13,000円からはそうそう下がりません

かといって夜行バスもなー

というわけで、今回初めて関西行きに空路を利用しました

コロナ前はLCCも海外旅行でよく利用してたし、今なら安い便もあるんじゃないかという期待を込めて。

まずは海外同様スカイチケットでいい便がないか検索。

現在LCCで国内を発着しているのはPEACHとJETSTAR

利用空港は成田↔関空。。。

関空は今回初めての利用。

成田はコロナ禍以降訪れていなかったので随分懐かしい感じがしました

飲食店はほとんど閉まっている状態で、以前の賑やかな空港とは全く違う姿でした

関空を利用したのは初めてだったけど、きっと同じような感じだと思う

(西宮出身の後輩には神戸空港の方が近いのにって言われました。次回は神戸空港つかお)

A日程はソワレだったため行きは飛行機、帰りは新幹線ということに。

代わりに宿の立地は問わなそうだったので空港近くのりんくうタウンにホテルを取ることにしました

MAPで見るとショッピングセンターやアウトレットがあって時間がつぶせそう

このヨミはあたり、18時関空着でアウトレットでゆっくり&夜ご飯をテイクアウトしてからチェックインできました

プレミアムアウトレットなので三菱地所系。

御殿場と同じですね。

関空からりんくうタウンに電車で移動してると千と千尋の神隠しの電車のシーンみたいな気持ちになる。

さて宿はアウトレットの先にあるホテルベイガルズ。

りんくうタウンは全体的に新しいホテルが多い

f:id:em378794:20210330202404j:image

宿泊客が少なかったようで、シーサイドにアップグレードしてもらえました。

最近のビジネスホテルは大浴場付きが流行。

なぜかベイガルズの大浴場にはワイン風呂がありました

翌日、チェックアウトのち少し時間があったので散歩しながらりんくうタウン駅

f:id:em378794:20210330202725j:image

けっこうギリギリまで海の近くに行ける

ここから宝塚までは1時間半くらい

宝塚駅って東京居住者からしたら本当に想像のつかないところで、

梅田からどのくらい?

乗り換えルートは?

みたいな感じでMAP見てるだけだとけっこう不安でしたね

1番あれ、ってなったのはJRの乗り継ぎ

同じホームで行き先が無数にある…!

 

そして

B日程はマチネだったため一番悩んだのはホテルの場所…

ご時世的に繁華街のゲストハウスは避けたいし、宝塚の近くは土地柄的に古めのホテルが多くてなかなか値段が下がらない

だけどりんくうタウンに泊まってしまうと大阪の通勤ラッシュとバッティングしてしまうし

コロナがなければナインアワーズもファーストキャビンも使えただろうに、現在休業中😱

なんとかポイントの使えるホテルを尼崎に発見し朝はゆっくり出ることができました

マチネの観劇が終わって梅田の阪急百貨店で遅めのご飯、梅田で時間をつぶすこともできたんですが、寄りたいところがあったため関空に向かう途中にりんくうタウンへ。

f:id:em378794:20210326002858j:image

ここです

アクアイグニス泉州温泉

日帰り温泉りんくう・関西空港の温浴施設アクアイグニス

サイトと口コミを見て行ってみたかったんですけど、ここオススメ!!

露天風呂が海に面していて、空港へ向かう橋とか飛び立つ対岸の飛行機も見えてロケーションが素晴らしいしインテリアがスッキリしてて居心地いい〜

東京の日帰り温泉より規模は小さいけど700円と安いし、立地も(周りになにもない)気に入りました

 

 

 

 

中村屋春暁公演@新宿文化センター

f:id:em378794:20210414120214j:image

新宿文化センターには何度か行ったことがあるんですが、東新宿からのアクセスの良さは今回初めて知りました

まあ東新宿へのアクセスの悪さ(大江戸線ね)も初めて知ったんですが。

 

プログラムは大きく分けて

素踊(ご兄弟、鶴松)

トーク(ご兄弟、なおのり)

操り三番叟(鶴松)

俄獅子(ご兄弟、なおのり)

でした。

あれ…?これだと鶴松くんの三番叟がメインかも…?

そんな鶴松くんの操り三番叟がわたしの主な目的でありました。

若手にスポットが当たる演目を見るのは今の御時世だとすごく貴重。鶴松くんは踊りが丁寧(特に足さばき)で小柄なところも武器になると思うので、本当に応援してます!

 

操り三番叟は人形なんだけど(人形だから?)重心の移動が難しそう

腰を落として膝も完全に曲がってるのにそのまま立ち上がるって…所作板が滑るにしたって相当な筋力が必要なのでは

冒頭は箱から出されてくたっとなってるところからいきなり飛び跳ねるし。

人形としての演技も必要なので、普段の演目とは全然違いますよね

後見のいてうさんとの息はピッタリでした!

2回くらいリフト(なんだろ、後ろから抱えあげられるというか…)されるところがあるんですが、上の席から見ていてもすごく持ち上がってる感じがした

これからも舞踊の腕に覚えありの若手の方たちが演じるんでしょうね〜たのしみ

(鷹之資さんの操り三番叟は手元にあるので種ちゃんのが見たいナ〜)

 

トーク勘太郎さん長三郎さんめちゃくちゃかわいかったです

勘太郎さんのお兄ちゃんぷりに涙。

しっかりしているよね。

ファミリー企画だと気兼ねがなくていいですね。

 

 

全然公演内容とは関係ないんですけど

アンコールがあり全員再び壇上に上がったんですが、鶴松くんだけ風呂上がりの完全OFF。

なんで?三番叟のなりで出てきたら良かったのに🤣

化粧してるからかな

今回は七之助さんとのトムジェリ的トークがなくて残念でした〜

 

 

 

 

ノマドランド

大きなスクリーンに集中し、配信でありがちなながら見を封印して、コーヒーでも飲みながらじっくり向き合うタイプの映画。

 

見ていて中盤で「あれっ?」と思うシーンがあった

ファーンがリンダ・メイにノマドたちの集会Rubber Tramp Rendezvousに誘われるが「わたしはそういうのはいいわ」と断ったあとのこと。

仕事が見つからずファーンは結局集会に参加する。

「ストーリー」で想像するとファーンはスナフキン的な誰とも交わらない道を行き、そこで出会う何かで展開が進むはず。

意外にもそうならないことに、何も知らずに見ていた私は「?」となった

その無知な疑問はエンドロールで解消される。

キャストと出演者の名前が同じ。

これはドキュメントフィクションなのだ。

都合のいい「ストーリー」は意味を持たない。

 

ツバメの巣の景色は万人にとっての絶景ではないかもしれない

だけど実際の体験がもたらした情景はリアルさを感じられた

 

アメリカの雄大な大地は見ていて壮観。

同時に、人間は小さくてこんなところにほっぽりだされたらどうしようもないなとも感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

【前編】ロミオとジュリエット@宝塚大劇場

宝塚大劇場に行きたい!の記事

というわけで

念願の宝塚大劇場に行ってきました。

いえ…森羅万象のお導きによって行かせていただくことができました、というくらいの気持ち…すべての出来事に感謝…

 

宝塚大劇場が千秋楽を迎え、

A日程✕2(うち1回はライビュ)、B日程✕1

での観劇が叶いました

 

観劇のための遠征も初めてだったので、その覚書もしておきたいですが、前編は演目についての感想を述べます

新参者ですがあしからず。

 

 

開演5分前になると撮影OKのタイトル幕が出てくる

遠目でしたが、幕に文字が縫い付けてあった気がします

だから写真で見るより立体感があったような…?

(何にせよ遠い)

 

重厚感のある始まりで、

わーーーついに私の初大劇場が始まるのね!って感じで高まりました

とにかく開幕の曲「ヴェローナ」が好き

カッコイイし登場人物にまんべんなく見せ場がある

今まで画面越しだった皆さんを生で見ている!

すごーーい!と感動

A日程のティボルトの愛さんが魂抜けるくらいかっこいい!肌の色が最高!マーキューシオのきわみくんのピンクの立たせた髪もすごく似合ってる!とにかく顔がいい!

愛さんは凶暴って感じで、きわみくんはやんちゃって感じ

とにかく、治安が悪くて最高!!

全員が違う動きをしていて波がうねってるみたいだった

 

続いて母たちの嘆き

後ろで演技してるベンヴォーリオとマーキューシオが全然反省してない〜

ティボルトはジュリエットの母と妖しい雰囲気…

って感じで腐りきった街ですよヴェローナ

そんな中!

綿毛吹きながら現れた真琴さん

わ、わ〜真琴さんだ、

ほんとに存在するんだ(推しを目の前にすると大体いつも思う)

生で見ても歌が上手い、歌の間の息遣いが素早い〜

皆さんおっしゃってますけど、全然声揺れないっすよね

長い公演時間でほんとに1回も乱れなかった。

 

てかロミオ、この街で生きててなんでそんなぽわぽわに育ったんだね君は。

やんちゃでケンカっぱやいマーキューシオと

争い嫌いで夢見がちなロミオと

2人を見守る(?)ベンヴォーリオのトリオが中心のモンタギュー家

Bのベンヴォーリオはあかさんなんですが、あかさんて身長が高いんですね!生で見てわかった!声が低くて歌うとはっとなるし、立ち姿もかっこいい〜!

 

一方のキャピュレット家は召使いにちょっかいかけまくる父と甥とデキてる母っていう、風紀的にどうなのという家庭

そこからは切り離されてばあやに育てられたジュリエットは気の強いお嬢様という感じ

なこちゃんは手足が長くてロングの金髪が似合う〜かわええ〜〜

(NOW ON STAGEで、バルコニーで待機して何してるの?って聞かれた際に「鳥と遊んでます」って答えてて死んだよね)

パリス伯爵はAがあかさん、Bがきわみくんなんですが、きわみくんが顔のいいアホな伯爵すぎて好きでした

ライビュではそのあとのバルコニーのシーンで切なそうに上を見上げるティボルトが抜かれていてぎゅんってきましたね

叔母の間男やってるけど本当はジュリエットが好きなんだよね…(ミュージカルじゃなかったら2人のシーンが欲しいところ)

仮面舞踏会では「髪型が奇抜だから今回は見分けがつくね」っていう感想を見かけましたが、

仮面舞踏会は正直どこを見ていいかわからん…!

ロミオとジュリエット動線も見たいけど

パリスとティボルトが何してるのかも見たいし

忍び込んだ二人がどうやって女口説いてるかも見たいし

目が足りなくて、今回は何を見る!という私の事前戦略不足でしたね

キャピュレットの女が出てくるシーンでは、大体音波みのりさんを探していたんですけど(スキ)、仮面舞踏会はどこにいらっしゃるかわかりませんでした

 

1つ気になるのが

エメで休憩を挟んで2部が始まるともう1回エメから始めるのなんで?

2人の幸せから一転、荒れる両家。

結構ガラ悪く怒っています。

これもNOW ONでフィナーレのイメージについて、隣町の“アタマ”同士が〜って真琴さんが言っていたので、全体的にそんな感じで見てたらいいんだと思う

ロミオが場を収めようとした所でマーキューシオがティボルトに刺されて死に、逆上したロミオがティボルトを刺し殺す

上のブログでも書いたとおり、真琴さんのふとした時の暗さに私は惹かれる

ロミオが日頃から本能的に終わりを感じていて

ジュリエットとの出会いが眩しかった分、追放の時の絶望が濃い

しかもティボルトか死んでジュリエットはロミオと結婚したことになってるのに、すべてを払拭するためにパリスと結婚させようって、すごい親だよね

天寿さん、めちゃくちゃお綺麗な方なのにパパ姿は巻毛に髭でダンディってギャップがすごいよ

 

ロミオもジュリエットも「運命の人」に出会いたい、きっと待っているに違いないという希望をもともと抱いている

その感情は街や家族の荒廃とともに比例していったのかも

それが、舞踏会で出会えた!自分の予感は間違ってなかった!っていう気持ちは単純に恋とは言えないような気がする

たった1人のわかり合える誰か、その人と出会って引き裂かれたときの絶望と考えると感情移入できる気がした

 

フィナーレは早めに退場したティボルトから始まる

ロケットがあって男役ステージは薄紫?に斜めのラインが入った上下

かっこいいのに目が足りない😭

真琴さんが銀橋に出てくるあたりで階段の中段に愛さんと娘役がスタンバイ、なこちゃんはまだ出てこなくて真琴さんとはるこさん、愛さんとみほさんで踊る

 

ここでせおさんと愛さんが顔を見合わせるところがあったんだけど、ライビュでせおさんが愛さんにばちーんってウインクしてたのがバッチリ撮られてて恋に落ちたよね

トーク聞いてたりしても面白いし、せおさんそういうとこやで、って思う

芝居中は後輩きわみくんにおんぶされたり、上からも下からも好かれる人だよね、好き

 

デュエットダンスはワインレッドと黒の上下。真琴さんは階段からなこちゃんはせり上がりで登場(だった気がする)

フラメンコって言われていますが、フラメンコ習ってる身からするとタンゴとかパソドブレの類ではないか…?

フラメンコ調ではありますが、曲はフラメンコではありません

 

銀橋をユニゾンで走り抜けていく感じとか見るとアイスダンスオリジナルダンス(今はリズムダンスというらしい)に近い感じがある

Tanith Belbin and Benjamin Agosto - 2002 Worlds OD - YouTube

こんなイメージ

 

どうやって練習したらあんなに形が揃うんだろう😱きっと揃えることを第一に考えて練習してたはず。そしてステージで成果を発揮できるんだからすごい

 

パレードも初めてこの目で見て感動しました

トップと2番手、トップ同士がお辞儀するの、礼節があってすごく素敵ですね

 

 

国立劇場3月 時今也桔梗旗揚

f:id:em378794:20210324225419j:image

劇中の描かれ方してる織田信長って相当嫌な奴だったんじゃない?

初っ端に亀蔵さんの解説で歌舞伎の見方があるんですが「馬盥は今で言う掃除用のバケツみたいなもの」って言われてて、なんか安達祐実家なき子が思い浮かんだ…

最近は物理的ないじめストーリーってあまりない気がするので、そこまで戻っちゃいました

 

とにかく座組が若いです

菊之助さんに彦さん、梅枝さん、新悟さん、萬ちゃんに鷹之資さん

全体的に活きが良くて(魚か)、春永入場の花道は全員声がでかい

菊之助さんは馬盥の場の始め、初めて聞くような低い声だった

昼休憩を挟んで2時間強、耐えて耐えて、最後に使いの者を斬り捨て、反逆の狼煙をあげてEND

キャラはなんとなく塩冶判官に近いものを感じる

 

梅枝さんの奥方と新悟さんの妹がよかったです

奥方の皐月はぐっと大人な声色で落ち着いているからこそ光秀切腹の時の悲しみが沁みる

妹の桔梗は終始光秀に寄り添っていて、全員が去った本能寺で屈辱に一人固まる光秀に近寄り覗き込んで様子を確かめる

その様子が健気で😭😭

声もちょっと柔らかめな感じで重みのある皐月とバランスが取れていた

新悟さんの女方をこんなに可愛らしく感じたのは初めて。

 

そして2時間半じっくり1つの演目をやってくれるから観劇の満足感がある

彦三郎さんの春永が憎々しい!

額の傷は自分でつけるんじゃなくて蘭丸にやらせたり、追い詰め方が性格悪いよね〜

 

 

 

令和三年3月大歌舞伎

f:id:em378794:20210305002504j:image

3月大歌舞伎、初日に行ってきました

今月は早めに感想。

 

1部

猿若江戸の初櫓

出雲阿国って、私のイメージではもうちょっと色香漂うタイプというか…セクシーお姉さんのイメージ(絵巻物とか野田秀樹の戯曲のせい)でした。

しかも、そのセクシーさを武器にぐいぐい歌舞伎を広めていった、マリリンモンローみたいなイメージだったので、猿若の後ろに控えてるのはちょっと意外でしたね

勘九郎さんがしっかり主人公。

小物を使った(房とか)踊りがうまいよねえ

七之助さんの出雲阿国の鬘、意外と合ってた

今回は用意してたのにオペラグラス忘れる😣

でも若衆の鶴松くん、見てすぐにわかりました

今回は若衆6人で同じ踊りをしてたんだけど、並んでみると鶴松はすごく遅取りですね

 

戻籠色相肩

途中から周りの沈没率がすごかった

松緑さんが途中でかぶる白い帽子、1月に巳之助さんも途中でかぶってたけど何の意味?

前に衛星劇場でたより役のまるるはそのままに、歌昇さんと種ちゃんで見た

この時の種ちゃんもうまかった記憶

しかし、あの時ぶっ返りしてたっけ(おい)

実は真柴久吉と石川五エ門らしいです

途中で香炉と連判状を落とす

ぶっ返りの糸を引き抜く後見さんがかっこよすぎて、それ見るために通いたいよね

 

ちなみに1部は両方とも花道が多め。

3階座席の市松配置は西側のみなのでそっちを選びがちですが、ホントは東から見たいよう🥺

 

3部

楼門五三桐

絶景かな絶景かな〜のやつ

めちゃくちゃ華やかです(主にセットが)

種ちゃん歌昇さん幸四郎さん、と若手が吉右衛門さんを支えてましたよ!

 

隅田川

歌舞伎で隅田川といえば清玄桜姫のやつ…?

調べてみたら桜姫の弟が梅若丸で今回亡くなってしまった彼なんですね、ということは玉様は桜姫のお母さんかあ…(そして来月桜姫やるという)

日本舞踊をやられていそうな、着物を着慣れた方がたくさん来ていました

舞踊、というにはあまりにも演劇的だった

囃子方が霧で霞む隅田川の上にぼうっと浮かんでいて幽玄の世界が広がってました

 

しかし3部、1時間ないんですよ

f:id:em378794:20210305020027j:image

2部は2時間半だからなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーシュポスとスペーススウィーパーズ@Netflix

晴雅集のためにネトフリに1ヶ月だけログインしたので、とりあえず見ておきたい作品をざっと見。

 

シーシュポス (시지부소) the Myth

f:id:em378794:20210303214757j:image

面白いです。現在4話。

【あらすじ】

天才理工学者でトップ企業の会長ハン テスル

彼が2021年に開発したテレポテーション装置が元で未来の韓国では戦争が勃発、時間移動が可能となり、未来の人々は成功率5%の可能性に賭けてテレポテーションしてきていた

それを取り締まるのが「取締局」。

テスルは死んだと思っていた兄が未来人だったのではないかと疑い、取締局の絶え間ない追手をかわして、未来から来た謎の女と兄の行方を探す

 

 

韓国ドラマなので、よくあるメインのストーリーを少しずつ進めながらゲスト登場人物のいい話を挟んでいく展開なのではないでしょうか…?(まだ序盤なのでなんとも)

分子の移動がうまくできないと髪の毛がなかったり血管が透けて見えたりするんですね、そこが気持ち悪いし移動の必死さが伝わってくる

CGはすごくきれいだと思います

未来の破壊されて緑いっぱいの明洞はディストピア感がある

謎の女、パク シネは格闘シーンが多いんだけどすごく編集とエフェクトが頑張ってる感じがする、そんなにまずそうな感じはしないけど、どうなんだろう

他にも航空機墜落を防いだり展示場の屋根を滑り降りたり、アクションシーンもけっこうきちんとしてます

所々にテスルの理化学の力を活かした活躍があって面白いです

この、現実世界と紙一重のフィクション、韓国だと思ってみるとアリなんだけど日本でリメイクされたら途端にリアリティがなくなるんだろうな

 

スペーススウィーパーズ(승리후)

f:id:em378794:20210303224643j:image

やばい、おもしろい!!

正直配信は飛ばし飛ばし見るのがほとんどだけど

これは一度も再生を止めなかった。

作品として優れているとか心に訴えかけるとかはどうでもよく、ただただ私の好きな世界観。

カウボーイビバップ(宇宙空間の賞金稼ぎたちを描いたアニメ)とプラネテス(スペースデブリ回収を軸にしたコミック)で育った私には夢のような実写だ。

こういうの待ってた…!!

 

【あらすじ】

デブリ回収船勝利号の操縦士テホ(ソンジュンギ)は元スペースガードの隊長だが、子どもを育て始めたことから人殺しができなくなり市民権を剥奪、前科者になる

娘(スニ)は3年前の事故で遺体が行方不明。探索は可能だがそれには金がかかる。

勝利号にはチャン船長(キムテリ)、タイガー乗組員、ドロイドのバグズがいるがいずれも金はなく借金まみれでその日暮らし。

ある時、子ども型水素爆弾(コンニム)を手にいれたテホたちは取引を持ちかけるが、コンニムの可愛らしさに次第に情が移っていく

火星の居住区UTSの創生者サリヴァンはナノボットを使い火星に緑をもたらしたが、実はコンニムはナノボットを操作できる子ども。その存在が邪魔で水素爆弾アンドロイドと偽り処分しようとしていた。

連れ去られたコンニムを助けるにはナノボットの影響が届かない遠距離まで移動しないといけないのだが、サリヴァン率いるスペースガードが迫り…

 

2時間!起承転結!伏線回収!という潔さが好きですね

靴を買うお金もないテホがラストで新品のスニーカーを履いていたり、バグズの皮膚移植の望みが叶って、宇宙空間で本を読むお姉さんの図が成立したり。ここの絵面がとっても素敵です。

 

宇宙船の造形や貧民街の様子はスター・ウォーズブレードランナーから受け継がれたものであり、特に新鮮な部分はありません。

むしろ2作品の偉大さ(30年以上前の、CGの存在しなかった時代の映画ということ)を思い知る。

それでも、スペーススウィーパーズは操縦桿の細かい配線や宇宙船の内部、他の細かいところが破綻なくできていて、このテーマパークが存在するなら行きたいくらい素晴らしい。

 

さて上記で挙げた私の好きなカウボーイビバッププラネテスにの2作品に共通するのは

「宇宙空間では人種、言語の偏りはない」という所。

カウボーイビバップは多言語の世界だし、

プラネテスの主要キャラクターたちは多国籍。

スペーススウィーパーズも同じように色々なベースの人が登場します

そして会話はそれぞれのネイティブ言語でしているので英語↔韓国語などのやりとりがあったりする

ドロシーの交渉の電話ではテホがスペイン語っぽい言語を話していた

作品の中で登場人物全員が耳に同時翻訳機のようなものを付けているので言語が違っていても会話ができていますよ、ということなんだろう。

 

あと、キムテリがかっこいい

ティアドロップのサングラス(暗いけどいる?)でスキットルあおってる姿よ

声も低いし、ブラックラグーンのレヴィ役とか似合いそう

対してソンジュンギは正直容姿がかっこよすぎて、もうちょっと容姿がかっこよくないほうが風采が上がらなそうでいいのに、と思いながら見てました。

 

 

 

話は逸れますが

韓国のアイドルグループONFの「BEAUTIFUL BEAUTIFUL」のMVでもSFの世界観で作られており、しかもそれがカラフルで躍動的。

https://youtu.be/0pwBFTUJBzQ

f:id:em378794:20210303234826j:image

MVの1シーンより。

AKIRAみたいな配色。

韓国のMV始め音楽コンテンツは現在ほぼ4K HDR(かそれ以上)でアップロードされている

日本ではFIRST TAKEがようやく4Kで配信を始めたところといった感じ。

(ぱーっと見たらNiziU、King GnuのMVも4Kだった。LDHがHDなのは意外なところ)

そもそもCS放送がメインの韓国は、地上波がメインの日本より4Kが広まりやすいという側面があると思う。日本のMVやCFなどの高品質映像だって4Kで制作されているはず。地上波で流すという制約があるためにダウンコンバートしているのは非常にもったいないし、日本人のコンテンツ製作…というよりは製作に決定権を持つ人が高画質についてそこまで神経質ではないのが致命的である

 

せっかく話題なことだし、FIRST TAKEがきっかけになって日本にも高画質配信が普及してほしい

日本の映像技術は韓国から3年遅れくらいと思っていたが、このままではそれ以上に広がっていくのかもしれないと危惧しつつ…